呼吸療法認定士「認定更新のための講習会」の申込方法を解説します

こんにちは。
たなやん(@tanayan515)です。

呼吸療法認定士は、5年ごとに更新が必要です。

更新のためには、学会参加や論文執筆、講習会出席などでの更新単位【50点】の取得が必要となります。

・忘れてた!
・忙しくてなかなか講習会に行けない
・何回も講習会に参加するのは面倒

そんな人のために、更新に必要な50点以上を一気に取得することができる講習会があります。

それは認定更新のための講習会」。

なんと、東京の会場で2日間の受講、もしくは自宅でe-ラーニングを受講することで60点も取得できるんです。

私も「認定更新のための講習会」のe-ーニングを受講するため、申し込みをしました。

この記事では、申し込みのときに分かりにくいと感じた点や注意点などをお伝えします。

合わせて読みたい記事!

こんにちは。 たなやん(@tanayan515)です。    悩む人 ・「認定更新のための講習会」の eラーニングって面倒くさいのかな? ・ただパソコンを見るだけでいいの? ・eラーニング受講の流れが[…]

マイページから認定士ログインをして仮申込をしよう

※「認定更新のための講習会」のことを、ここからは「講習会」とします。

講習会はインターネットからしかできません。

マイページからしか申し込みできないので、マイページにログインする必要があります。

  1. インターネットで「呼吸療法認定士」と調べる。
  2. 上の方にある「3学会合同呼吸療法認定士 認定制度」をクリック。
  3. 呼吸療法認定士マイページ開設のお知らせ」のログインはこちら」をクリック!

 

下のページが出たら、ログインします。

IDは認定証登録番号です。
初めてログインの方は、初期パスワードは「生年月日8桁+登録電話番号の下4桁」になります。
例)1990年12月3日生、電話番号090−5555−6789の場合  初期パスワード→「199012036789」

私は初めてログインしたので、ついでに登録情報を見直して住所変更を済ませました。

ログインして、このようなページが出てきたら「受講申し込みはこちら」をクリックします。

あとは、画面の指示に沿って受講方法を選び、仮申込を済ませてください。

仮申込が受け付けられたら、登録してあるメールアドレスにメールが届きます。

ゆうちょ銀行に受講料を振り込もう

次は、受講料の振込です。

10日以内に、受講料13000円を振り込まなければいけません。

振込先と仮申込番号はメールに記載されています。

振込はATMや店頭でもどちらでもいいですが、支払った証拠として「控え」が必要になるので捨てないでくださいね。

メールにも記載してありますが、振り込む際に「氏名の前に仮申込番号を記入する」ことを忘れないようにしましょう。

必要書類を準備しよう

自分の写真を撮ろう

白い壁などの前に立ち、人に頼むかセルフタイマーなどを使って自分の顔写真を撮りましょう。
事務局に電話で確認したら、本人確認用なので「証明写真」をわざわざ撮らなくてもいいそうです。

本人確認書類の写真を撮ろう

運転免許証やマイナンバー、パスポートなどの、必ず顔写真のついた本人確認書類の写真を取りましょう。
ホームページには「A4サイズにコピーしてください」とありましたが、事務局に確認したら写真を撮ってアップロードでいいとの返答でした。

受講料を振り込んだ控えの写真を撮ろう

受講料を振り込んだときに出てきた払込控え(ATMならご利用明細票)の写真を撮りましょう。

撮った写真をJPEG形式にしよう

これまで、自分の顔・本人確認書類・払込控の3つの写真を撮りました。
その写真を、事務局から届いたメールの指示通り「JPEG形式」にしなくてはなりません。
調べてみると、iPhoneで撮った写真は「PNG形式」。
撮った写真を誰でも簡単に「JPEG形式」に変換する方法は、LINEのトーク上に撮った写真を掲載して再度保存することで可能です。
私は旦那さんに写真を送って保存しました。
誰にも見られたくなかったら、LINE上に自分1人しかいないグループを作成して掲載するという手もありますね。

必要書類のアップデートをしよう

ここまでで、やっと下準備が終わりました。

必要書類をアップロードするために、再度マイページにログインします。

ログインしたら「必要書類のアップロード」をクリックします。

画面の指示に従って、各書類に「JPEGにした写真」を貼って「送信」し、最後にアップデートします。

これで完了です。

アップデートが上手くできたら登録アドレスに自動配信メールが届きます。

事務局から「受講確定メール」が届いたら申し込み終了です。

さいごに

更新のための講習会は年に1度、東京で2日間行われます。
定員数も決まっています。

忙しい人や地方在住の人は、自分でスケジュールを立てれて居住地域に関係なく受講できるe-ラーニングがおすすめです。

申し込みはちょっと(かなり)面倒くさいですが、この記事を参考にしていただけたら、少しは簡単に感じれるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。