【呼吸療法認定士】一発合格者がイチオシの勉強法と参考書を紹介します

こんにちは。
ナースたなやん(@tanayan515)です。

ねこ

・呼吸療法認定試験の勉強法が分からない

・働きながらでも効率的に勉強する方法はある?

・おすすめの参考書も知りたい!

そんな悩みや疑問にお答えします。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、看護学校を1年目で留年し、必死に勉強して国試をギリギリ受かったくらいのレベル。(つまり頭悪い…)

そんな私だけど2015年、呼吸療法認定試験を一発で合格することができました。

呼吸療法認定試験を受ける人で悩むのが、勉強方法ですよね。
たなやん
仕事と勉強を両立させるのは、ほんとに大変!
限られた時間の中で勉強をすすめていくためには、効率的な勉強法を知ることがめちゃくちゃ大事です!
本記事では、私自身の経験をもとに呼吸療法認定試験に合格するための効率的、かつ効果的な勉強法をご紹介します。
この記事を読んで勉強法を実践したあなたは、何十時間も勉強時間を節約できます。
ぜひ参考にしてくださいね♩

イチオシ勉強法「いきなり過去問を読む!」

過去問は最後の力試しにとっておこう!

過去問が解ける実力がついてから始めよう!

こんなふうに考える人、時々います。
じつはこの「過去問はあとでやる」というのは、ハッキリいって自殺行為!
的外れな勉強して、不合格になる可能性がすごーく高くなります。

はじめに過去問を読むべき理由

そのワケは、「敵を知る」ため。コレです!

呼吸療法認定試験が「どれくらいのレベル」の「どのような問題」を出題するのかを知らないで勉強をスタートするのは、見えない敵と闘うようなもの。

1度実際の過去問を読むことで、出題傾向やその他の情報を得てスタートできるので、目標を明確に意識した勉強ができます。

「過去問を読んで分かること」は次のとおりです。

  • 【方法】どんな問われ方、出題のされ方か
  • 【範囲】どの分野のどんな問題が出るのか
  • 【難易度】どのくらいの難しさの問題が出るのか
  • 【目標点】どのくらい出来れば合格できるか
  • 【レベル】自分の実力・レベルはどのくらいか
  • 【弱点】自分の苦手な分野、弱い所はどこか
『彼を知り、己を知れば、百戦殆うからず(かれをしり、おのれをしれば、ひゃくせんあやうからず)』
ということわざがあります。
「敵や自分の実力や現状を正しく把握していれば、負けない戦い方ができるよ」って意味です。
勝負の世界の鉄則ですが、資格試験にも当てはまるんですね。

最初は無理に解こうとしない

ねこ
へ?!知識がないのに、いきなり過去問読むの?
難しすぎて絶対解けへんわ
問題を無理に解く必要はありません。だいいち、解けるはずがありません。
ではどうするかというと、まず問題を読んだあと、自分では解かずに、解答・解説まで一気に読んでしまいましょう!
「こういう問題が出るのか」「長文が多いな〜」「計算問題もあるんだ!」
最初は雰囲気をつかむだけでOK!それで十分。
ただ、とにかく読み進めて最後まで到達させます。
なんとなく最初から最後まで読み終えると、気分は悪くないはずです。達成感すらわいてきます。
過去問を読むことに慣れてきたら、上記の表「過去問を見て分かること」を参考に、過去問を分析してみてくださいね。

問題のすべての選択肢を学習する

過去問を読むのに慣れたら、次のステップです。

こんな問題があったとします。

気管について正しいのはどれか?

a、気管軟骨は気管の前面にはない
b、右肺には区域が9つある
c、肺小葉は直径5㎝である
d、肺動脈は気管支に併走する
e、気管を横断面で見ると馬蹄形

「呼吸療法認定士予想問題集2015年」より引用

答えは「d」が正解です。

よっしゃ!正解したから次の問題いこ!

それじゃあダメです。

ここで伝えたいことは、選択しなかった「a、b、c、e」の肢が「どこが間違っていて何が正しい答えなのか」をテキストで調べて学習する、ということです。

ねこ
気管の前面じゃなくて後壁の軟骨がないからaは✖️
右肺は10個の肺区域だからbは✖️
肺小葉は直径2㎝だからcは✖️
気管の横断園はc字またはu字型だからeは✖️
こんな感じ。
そうすることで理解が深まり、応用につなげることができます。
一見時間がかかりそうですが、選択肢ごとに「正誤の理由」を確認することで結果的に合格への近道となります。

過去問は最低でも「5度見」しよう

私は過去問を何周したか記憶にないくらい、やり込みました。

2度見くらいでは足りません。

最低でも「5度見」するくらいのしつこさが必要です。

ただし!答えをまる覚えするのはダメ。
分からない用語や正答以外の選択肢を含めて、テキストと照らし合わせて周辺知識を理解しながら進んでくださいね。
過去問をくりかえし解いて、知識を定着させることが大切です。
たなやん
大切なのは立ち止まらないことだよ

参考書なら、青本より分かりやすい「再現過去問集」がおすすめ!

ひと昔前まで呼吸療法認定士の過去問といえば「青本」でした。

私が実際に試験勉強で使ったのも「青本」です。

だけど、青本を勉強始めたての頃から使うのはオススメしません。

理由は「解説があまり載っておらず分かりにくい」から。

正しい内容をひとつひとつテキストで調べなければいけないので、すごく時間がかかって効率が悪いんです。

青本の情報・リアルな口コミが分かる記事

こんにちは。 たなやん(@tanayan515)です。 悩む人 呼吸療法認定試験の過去問といえば「青本」が有名だけど、口コミ・評判はどうなのかな? 使った人のリアルな感想が聞きたい! そんな疑問[…]

たなやん
違う参考書でもっと効率的に勉強しとけばよかった
あなたはこんな後悔したくないですよね。
「これさえ持っていれば間違いない!」と断言できる、オススメな参考書をご紹介します。

「再現過去問集」はメリットだらけで最強の参考書

私がイチオシする参考書は、アステッキという会社が販売している「 呼吸療法認定士受験必修再現過去問題集 」です。

再現過去問題のメリット

  • 解説が親切丁寧、分かりやすい!
  • 問題数は基本編・応用編あわせて約660問と問題数も多い
  • スマホアプリとして利用できる
  • アプリが付いて1冊3980円は、お得感がある
  • アプリならスキマ時間に勉強しやすい
  • アプリなら時間や場所を問わずに勉強できる
  • 受験した後に問題提供したらキャッシュバック制度あり
  • e-ラーニング(動画学習)とも連動することが可能

再現過去問集のデメリット

  • 基本編・応用編と分かれているので、両方買うと青本より高くなる

呼吸療法認定試験を受験する同僚が持っていたので見せてもらったけど、一言「スゴイっ!!」

解説は親切丁寧、分かりやすい。

1番驚いたのが、シリアルナンバーを入れたらスマホアプリとして利用できるんです!

たなやん

数年違うだけで、こんなに過去問集って進化したの!?

時代の流れを感じました。

アプリだったら、仕事の休憩時間や通勤などのスキマ時間に勉強できるし効率的。

なんだったら布団にゴローンとしながら勉強できるので、勉強を開始するハードルが低くなり、毎日コツコツ勉強できそうな気がします!

たなやん
たなやん

もし、また受験することがあるなら絶対にこの本にします!

\ もっと詳しく知りたい方はこちら /

まとめ:効率的な勉強法とは、いきなり「再現過去問集」を読む!

イチオシ勉強法は
「再現過去問集」を読む

テキストで調べつつ「再現過去問集」を解く

何度も何度もくりかえし解く

コレです。

資格試験や受験勉強って結局は、自分の弱点の穴埋め作業なんですよね。

「過去問を解いて穴を確認する。その穴を埋める。また過去問を解く。」

そのくりかえしです。

働きながら試験勉強をしなくてはならない多くの人は、過去問の解き方を試行錯誤する暇はないはず。

だからこそ効果的、かつ効率的な勉強法を今すぐに始める必要があります!

これから勉強を始める方の参考になれば嬉しいです。

\再現過去問集の公式ホームページはこちら/