【手取り14万】時短勤務で働く看護師のリアルなお給料を大公開!

こんにちは、ママナースたなやん(@tanayana515)です。

 

時短勤務になったらどれくらいお給料下がるんだろう?
ほかの時短ママナース のお給料が気になる!
そんな疑問を持つ、そこのあなた♡
今回は、今現在も時短勤務として病棟で働く私のリアルなお給料を大公開しちゃいますよ!

時短勤務ナースのお給料は『手取り14万』

看護師給料、給与明細、時短勤務、ナース

ジャン!!

 

タイトルでもすでに書いちゃってますが、2020年8月のお給料の手取りは145,930円でした。

前提条件は下記のとおりです。

就業時間:9時から16時。 夜勤はしておらず、日勤のみ。
配属先:総合病院、循環器内科病棟の看護師
休み:公休は月9〜11日(週に2日間、休みがあります)

手取り14万。

どうでしょう?
これくらいが普通?少ない??

ぶっちゃけ私的には

「少なっ!(・Д・)」

と感じています。

仕事量・内容に見合ったお給料じゃなぁーい!!

そう叫びたいです。

ナースさんならきっと分かってくれるはず。

命に直結する仕事で神経すり減らし、人様のウ○チや体液と戯れ、認知症の患者さんから手や足が飛んできたり、クレーム対応したり…。

…なんだかなぁ

ですよ、まじで。

 

そもそも看護師のお給料って『夜勤手当』がつくことで、それなりのお給料になるのが一般的。

日勤だけ、しかも時短勤務となると「もらえる額」はそりゃ少なくなりますよね。

 

ハッ!

お給料公開の記事なのに、ただの「愚痴」になってしまいましたm(__)m

話を戻します。

給与明細を詳しく解説するよ!

支給額

基本給 +235,500円
資格手当(看護師) +10,000円
残業代 +2,456円
遅早控除 −49,110円
支給合計(額面) 198,846円

時短勤務である私は、常勤Nsの日勤と比べて「1時間半」少なく働いています。
そのためお給料から『遅早控除』が引かれてしまうんです。

額面的には約20万円となります。

控除額

健康保険 10,220円
厚生年金 18,300円
雇用保険 596円
所得税 3,700円
保育料 8,000円
駐車場費 12,100円
控除合計 52,916円

額面約20万円ですが、そこから税金や保険などの引かれます(控除)。

改めて見ると、結構な額が引かれていますよね。

職場が大阪市内にあるので、病院提携の駐車場代も高い。

さらに子供の幼稚園が夏休みで、院内保育所を利用したので保育料も引かれてる。イタすぎる!

そんなこんなで

支給合計 198,846円 ー 控除合計 52,916円 = 手取り 145,930円 

となりました。

駐車場と保育料が引かれなかったら、165,000円くらい。

ちなみに交通費は半年に1度、まとめていただきます。(1ヶ月1万円くらい)

バリバリ働いていた常勤の頃より「約10万円」下がりました。

妊娠前に同じ職場で常勤として夜勤もしていた頃は、額面で約30万円くらいでした。

時短勤務が額面20万円なので、比べてみると「約10万円の差」です。

たなやん
時短になったことで、10万円くらいお給料が下がったんだね!

お給料は減ったけど、夜勤なくて規則正しい生活送れるし、委員会などの仕事もないので、私的には「時短勤務にしてよかったな」と思っています。

まとめ

今回は時短勤務である、私のお給料を紹介しました。

「時短勤務」としては、私は今の病院でしか勤めたことがないので、他の病院とは比較できません。

『私の病院はこのくらいもらってるよ!』

そんな、お給料を暴露してもいいって看護師さんがいましたら、ぜひコメントやTwitterのDMお待ちしております♩w

今後、時短勤務を考えている看護師さんの参考になれば嬉しいです!